保健事業のご案内


ホーム > 保健事業のご案内 > インフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種費用補助

 対象者 昭和シェル健康保険組合加入者全員(被保険者及び被扶養者)

 接種期間 令和1年10月1日(火)〜令和2年1月31日(金)

 接種方法 1〜3のいずれかの方法をご利用ください。
いずれの方法も併用はできません。重複利用の場合には実費を返還していただきます。
今年度より「あまの創健」利用券での接種が可能になりました。
(1)最寄りの医療機関での接種
 
  • 一人3,000円(税込)までの実費を補助します。
  • 申請書は令和2年2月7日(金)事業所健保担当課または昭和シェル健保組合必着。
  • 接種者氏名が明記されている領収書の原本を添付してください。
  • 領収書のコピーや、単なるレシート(*)では受付できません。
    (*)医療機関発行のレシートで接種者名、インフルエンザの予防接種であることが明記されていれば可
  • 「インフルエンザ予防接種」の費用である事を明記してください。『予防接種』のみは不可。
  • 補助金は令和2年3月の給与に「健保給付金」として支給します。
  • 2回接種法の場合は、2回分を一括申請してください。
(2)「あまの創健」利用券による契約医療機関での無料接種(1人1回限り有効)
 

利用券を持参することにより、契約医療機関において無料で、予防接種が受けられる新しい制度です。
利用券の印刷及び、契約医療機関一覧は「あまの創健専用サイト」に記載が有りますのでご確認ください。

  • 接種する医療機関に電話で事前連絡し、「昭和シェル健康保険組合」とインフルエンザ予防接種希望の旨を伝えてください。
  • 接種する医療機関に「被保険者証」を必ず提示して下さい。(接種者全員)
  • 利用券の必要事項をすべて記入して、医療機関へ提出してください。
  • 自己負担なしで接種できます。
  • 詳しくは「あまの創健専用サイト」をご覧ください。
(3)各事業所での集団接種 実施方法については、各事業所の指示に従ってください
  • インフルエンザ予防接種は、本人の希望で行う任意接種となります。
  • 補助金の支給対象者は、接種時に昭和シェル健康保険組合の被保険者及び被扶養者に限ります。
  • ワクチンが入手困難な場合には接種できないことがあります。
  • 予防接種を受ける際は、体調など医師とよく相談してください。
  • 医師の診察の結果、発熱などにより接種を行えなかった場合に医師の診察費用を請求されるケースがあるようです。その場合の診察費用に対する補助はありませんので、ご注意ください。

ページのトップへ

Copyright 2005 Showa Shell Health Insurance Society All Rights Reserved.